香港で武道の神様に会いに行くのだが・・・・(ゴールデンウィークに海外に言って来た) part3

香港で武道の神様の神社、文武廟にいくのだが・・・・・

 

 

敦(ジョーダン)から文武廟まで僕の行き方

ホテルを出て、佐敦(ジョーダン)駅から、電車でに行って、セントラルに行きます。セントラルから歩くみたいなので、駅員さんにどこか聞きました。

そしたら、「あっちにでてあそこで曲がってまっすぐだよ。」と言われました。

 

セントラルから、歩いてもつきません。

1〜2時間歩き続け、山に登りました。

エスカレーターは降り用しかなく、登りは、階段で登ります。

さすがに疲れて帰ろうとエスカレーターを降りると、アレじゃないかな、と思う建物がありました。

近寄って見ると、イスラム教のモスクでした。

f:id:TravelerBlog:20170711214037p:plain

 

周辺地図を見ても出てこないので、駅員さんはここのことを言っていたんだと思いました。

結局、文武廟に行くことはできず、エスカレーターでセントラルまで行くことになりました。

f:id:TravelerBlog:20170711214308p:plain

途中、橋のところで、韓国のドラマの撮影地がありました。

韓国の方がたくさん列を並べて、写真を撮っていました。

まっすぐ駅に戻って、電車と徒歩を使って、JCBラウンジに行きました。

JCBラウンジに行き、シンフォニーオブライツを船で見る乗船券(ウェルカムドリンク付き)を買いました。

 

しばらくしてホテルに戻りました。

ホテルで準備して、近くの佐敦駅からティムサーチョイ駅まで行きます。

駅に着いたら、歩いて船乗り場まで行きます。

船乗り場に着いたら船を待ちました。

 

 

 

                次回へ続く

 

 

 

 

 

香港のオープントップバスは最高だった (ゴールデンウィークに海外に行って来た) part2

こんにちは、旅を愛するtravelingmanです。

今回は前回の続きです。

 

次のツアーでバスの上に上がると、高いところから、見下ろす感じで座れる席が並べてありました。

 

 

名物の看板の下を通るのは、写真で見るよりすれすれで驚きます。

 

バスのガイドさんが言っていたのは、「街路樹にぶつかる場合があるので気をつけて」と言っていました。

f:id:TravelerBlog:20170617183754j:plain

 

そこからバスを降りて、ピークトラムに乗ってビクトリアピークに行きます。

ピークトラムの中は、レトロな電車のような内装で、同じ日本語ツアーの人達や別の中国語のツアーの方たちが電車の中で話していました。

電車から降りて建物へ行こうとする通路には土産物がたくさん並べて売ってあります。

そこから出ると、何かの建物の中でした。

建物から出ると、野外ディスプレイで広告をながしていたり、広場があったりと、驚きました。

 

しばらく歩いて、香港の100万ドルの夜景を観れるところに行き、観て見ると、言葉で表せないような景色でした。

f:id:TravelerBlog:20170626224150j:plain

f:id:TravelerBlog:20170626224158j:plain

 

ガイドさんが言っていましたが、最近電気代が上がって、1夜で100万ドルじゃなくて、300万ドルまで上がったそうです。

 

そこから、バスでホテルまで戻りました。

 

さすがにお腹が減ったので、ホテルの近くにある中華料理店に行きました。

f:id:TravelerBlog:20170626225707j:plain

なんて読むのかわかりませんが、海老シュウマイや、春巻きや鳥の足など7品を食べて2500円でした。

日本だったら一流中華シェフが作ったような味です。

 

 食べ終わったのでホテルにもどりました。

これで1日目が終了しました。

 

 

             part3に続く

オープントップバスに乗るのだが・・・・ゴールデンウィークに海外に行ってきた!!  part1

初めまして。

旅行を愛するtravelingmanです。

 

今回行ってきたところは『香港』です。

 

まずは関空から、香港までANAの便で行きます。

乗ること3時間。

香港国際空港に着きました。

 

ここから、地下鉄で九龍(カオルーン)駅で降りるのですが、便利な乗り放題パスが空港駅で販売されています。

このパスは空港特急片道で250香港ドル、往復350香港ドルです。

 

九龍駅について九龍島にあるホテルへ行こうと思ったのですが、九龍駅から街までは、歩いて出れないらしく、無料送迎バスで市街へ出るみたいです。

(九龍駅の周辺)

f:id:TravelerBlog:20170608211920j:plain

 

バスを降りたら、まず、JCBプラザラウンジへ向かいました。

広東道(カントンロード)にあるオメガが1階のビルの6階らしいのですが、近くにオメガがもう1つあり、すごく分かりにくいです。

1時間調べて、ルイヴィトン前のビルということが分かりました。

 

JCBラウンジの中はエアコンが涼しく、ドリンクが飲めます。(水かコーヒ、紅茶ぐらい)

f:id:TravelerBlog:20170608213333j:plain

ここで、オープントップバスを予約しました。

 

ラウンジをでて、ホテルに向かいました。

今回泊まるホテルは『NOVOTELネーザンロードカオルーン』というホテルです。

このホテルのフロントにはパソコンやソファーやゲーム機が置いてあります。

f:id:TravelerBlog:20170608213551j:plain

部屋はすごく清潔でした。

部屋からの景色は、ザ・香港と感じるビルが並んでいます。

 

 

しばらくして、オープントップバスの待ち合わせ場所、インターコンチネンタルグランスタンフォード香港に行くためにタクシーに乗ろうと、ホテルの人に手配してもらいました。

タクシーが来て、タクシー運転手さんに、地図で説明しました。

ですが、混んでるネイザンロードを走って、あと5分のところで着いたと思って、ホテルのドアマンさんにどこが待ち合わせ場所か聞いたら、「ここのホテルじゃないです。このホテルはインターコンチネンタル香港です。あなたの待ち合わせ場所はインターコンチネンタルグランスタンフォード香港というホテルで、もう少し先です」と言われて、タクシーのことを説明したら、ドアマンの人がさっきのタクシーのドアを叩いて、ドアマンの人とタクシー運転手が広東語で喧嘩を始めました。

結局、グランスタンフォード香港まで無料で送ってくれました。

着いたのが、10分ほど遅れていたので、ツアーに参加できないなと思い、立っていたツアー会社の人に話して見ると、「次のツアーでいいですよ」と言われました。

 

 

              次回へ続く